Vol.025 ■ June 2015

 

こんにちは。そしてお久しぶりです。

2012年以来、皆さまにここバリ島からウェディングの今をお届けしてきた Tirtha Luxe。たくさんの方々にたくさんの綺麗を、素敵を、心が波立つようなドラマを、じんわりと心に染みるあたたかい話をもっともっと届けるべく、この度Webサイトをリニューアルいたしました。2003年のTirtha Uluwatu、続く2015年のTirtha Luhur オープンから早10年以上。一年を通じて最も忙しく、たくさんのお客様にお目にかかる6月をこうして無事に迎えられることの喜びを噛みしめる毎日です。 最近はFace BookやPinterestなどを通じてあっという間に情報が拡散、信じられないスピードでトレンドは創られていきます。企業が発信する「ツクリモノ」は過去のものになり、等身大の誰かの体験がより影響力を持つ「今」。そんな時代に、少しでもたくさんのお二人の“その日”をお伝えしたい、輝く瞬間を届けたい…、多くのドラマに立ち会った私達の幸福のお裾分けができたら、これほど嬉しいことはありません。


 

 
 
Style & Service

アイランドのムードにマッチする、花冠が今の気分!

ラステックブーム、そしてビーチやタウンでのフォトツアーが「お約束」の昨今、ヘッドリースもIsland Bride To Beの必須アイテムとなりつつあります。ミニローズやリシアンサスを、香りの良いユーカリの葉やレースフラワーでふんわりとつないで、仕上げは鮮やか色のタフタ。思わずビーチを草原を、裸足で歩きたくなる爽快さが魅力です。

Real Wedding Story

Trasy & Joe

陽気でお茶目なJoeは、人への気遣いを忘れない心優しいアメリカン。自由でいつも自然体のマカオ娘Trasyに夢中です。マーメイドラインのドレスは、幾重にもなったオーガンジーのスカートがスゥイートなヴェラ・ウォンのもの。自信に満ち溢れ、凛とした艶姿、祭壇で待つJoeへ向かって真っ直ぐに歩き出すTrasy。その「女っぷり」と「ハンサムぶり」に、女性ゲストからも感嘆の声が漏れます。前日二人は、最初に泣き出した方が負けという賭けを思いついたとか! どちらが先に涙に濡れたか…、結果は皆さんのご想像通り、お伝えするまでもありません。その日のテーマは”The Love Birds“、淡いピンクにシャンパン・ゴールド、ブルーグレーでロマンチック、そして楽しさいっぱい。アンブレラ、フェアリィライトが夜空に浮かび、二人の愛が夜空を照らしていました。<アルバムを見る>
O・mo・te・na・shi

特別な夜のために


Tirthaが2015年12月から本格改装するのに先立ち、Louge Deck (ゲストラウンジ前)がぐっと魅力的になりました。燦々と輝く陽光の記憶を残す碧が、バラ色のダストにゆっくりと包まれる夕暮れ時、Lounge Deckは壮大なショーのボックスシートになります。
Heartwarming

家族の想い


遠く日本から参列して下さったおばあちゃま。綺麗な花嫁姿は、何よりのプレゼントです。 <もっと見る>

 
  Editor's Notes

この度のWEBサイトリニューアルにあたり、特に叶えたかったのは、皆さまにTirthaの写真をたくさん見ていただけること。実際のカップルの写真から、ご提案するアイディアまで、Tirthaの「今」が伝わるような写真を厳選&満載しました。ギャラリーの写真などには”Pin It“のボタンを付けました。ワンクリックでPinterestへ保存することができますので、ぜひご活用ください。新しいTirtha Luxe、これからもどうぞよろしくお願いします♪
 
  今後、本メールマガジンの配信停止をご希望される方は、[コチラ]をクリックしてください。 Tirtha Luxe Weddingへのご質問、ご意見、ご連絡などは、info@tirtha.com へお願いいたします。 どんな小さなことでもお気軽にどうぞ。スタッフから直接メールにて、24時間以内に(諸事情により遅れることがありますのでご了承ください)対応させていただきます。